cosmos channel

ONLINE SHOP
  • コラム
  • 2021/07/01

色んな食のスタイル | Vegan

ヴィーガン

色んな食のスタイル | Vegan

多様な食文化の中で、食事を含むライフスタイルの選択肢も増えてきました。

コスモス食品も、様々なライフスタイルを送る方たちに楽しんでいただけるような食品づくりを心掛けており、食品づくりから学んだ情報をみなさんとぜひ共有したい!と思い、記事を書き始めました。
この記事では年々注目度が増している“ヴィーガン(Vegan)”についてお話をしていきたいと思います。
ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!

良く耳にするようになったヴィーガン(Vegan)

“ヴィーガン(Vegan)”という言葉は世界的には年々注目度が増して、生活に浸透してきていますが、

・ヴィーガンとは何か、
・どんなライフスタイルの人をそう呼んでいるのか
・ベジタリアンとは何が違うのか
よくわからないなぁ…なんて方も多いのではないでしょうか?

ヴィーガン(Vegan)とは

ヴィーガン(Vegan)とは

ヴィーガンとは日本語訳で“完全菜食主義”などと訳されます。
動物性食品の肉や魚に加えて、卵や乳製品、はちみつなども口にしない食事スタイルを送っています。
また衣類は動物由来の毛皮やレザー、
羽毛などを使用していないものを着用し、
化粧品などの生活雑貨においても製造の段階で動物実験をされていないものなどを選択し、使用しています。

この記事を書いている私はお恥ずかしながら、数年前の専門学生時代“ヴィーガン=お肉を食べない”という知識しか持ち合わせていませんでした。

たまたま他学部の留学生の子がヴィーガンだということを知り、会話をする機会があった際に無知ではありましたがヴィーガンについて質問をしてみました。

――どうしてヴィーガンになったの??
「アメリカで飼っていたペットが大好きで、ありとあらゆる動物に対しても愛情をもっていたから12歳の時にヴィーガンになる選択をしたよ」

動物愛護からヴィーガンを選択したことを知り、続けて質問をしました。

――食べられるものが限られて困らない?
「例えば肉とかのタンパク質は〇〇と〇〇からも摂れるから困ったことはないかな」

さらりと答えた彼女の姿がとても印象的で、ヴィーガンとは誰かに押し付けられて行っているわけではなく、
自由意思で肩肘張らずにカジュアルに取り入れることが出来る、食を含んだライフスタイルの選択肢の一つだということを教えてもらいました。

ヴィーガンはどんなライフスタイル・考えの人なのか

ヴィーガンはどんなライフスタイル・考えの人なのか

ヴィーガンとは日本語訳で“完全菜食主義”などと訳されます。
動物性由来の食品を食べないことや身に着けないことへの動機も千差万別なヴィーガンですが、菜食主義者の共通の価値観を挙げていきたいと思います。

1:動物愛護の観点
世界では、食用の動物はわずか1年程で殺されてしまいます。
本来ならば20年以上生きていける命を苦しみや、
目を覆いたくなる扱いから救うためという考え方です。

2:環境保護の観点
世界では、農場を作るために森林を燃やし、
自然を壊して多くの二酸化炭素を排出していることや、家畜の餌などを運送するにも多くの化石燃料が必要なため、
大量の温室効果ガスを排出している面があります。
家畜の消費を減らすことで餌となる穀物等の栽培量や農場を作る為の森林伐採の抑制、
二酸化酸素排出量を減らすことにつながるので地球を救うことになるという考え方です。

共通する2点以外にも健康への観点などから選択するひとなど、様々な理由があります。

ヴィーガンとベジタリアンの違いとは

ヴィーガンとベジタリアンの違いとは

ヴィーガン(Vegan)とベジタリアン(Vegetarian)では肉・魚を食べないことが共通していて、
ベジタリアンは卵、乳製品、はちみつは食べても良いというのが違いです。
豆知識なのですが、宗教上などの理由で菜食主義を実践する人はヴィーガンではなく、ベジタリアンという位置付だそうです。

-グラノーラ愛好家によるグラノーラ好きのためのグラノーラ-
実は、菜食主義には「ヴィーガン」、「ベジタリアン」の他に、「ローヴィーガン」「ラクトオヴォベジタリアン」「ラクトベジタリアン」「ポゥヨゥベジタリアン」「オヴォベジタリアン」「ペスカタリアン」「フレキシタリアン」「オリエンタルベジタリアン」「フルータリアン」「マクロビアン」と12種に分けられると言われています。
その他10種の菜食主義では、卵は食べても良いが乳製品は食べることができないなど、細かな違いがあります。
全ての違いをお話してしまうととても長くなってしまうので、また別の記事にさせていただきたいと思いますが、今すぐ気になる!という方はぜひ検索してみてください。

最後に

詳しい人や実践者の方からすると、すこしほわほわした表現のところもあるかもしれません。
記事を書いていくコンテンツもまだ走り出しなので、これから徐々に深堀りをしていった記事も書いていきたいと思います。 コスモス食品もヴィーガンの方でも食すことができる食品を一部取り扱う会社として、
まずはお客様にヴィーガンやベジタリアンはどんな背景で選択したライフスタイルなのか、
少しでも知って興味を持っていただけたら嬉しいなと思い、記事にしてみました。
一長一短ではありますが、ご自身のライフスタイルや価値観に合わせて、
できそうなところから始めてみるのも良いかもしれません。

挑戦しやすい美味しいヴィーガン食品をご紹介している記事もあるので、ぜひ見てみてください!



Related関連記事一覧